PBXの内線化とは?種類やスマホを使った最適化について解説!

PBXとは電話交換機を意味します。受発信ができる仕組みのことです。受発信はできているが、もっと便利なことができないか、、、と考えているあなたにおすすめな記事です。今回は、「内線化」について解説していきます!

PBXでの内線とは組織内通話での電話網のこと

PBX内での内線とは、組織内(主に会社内)での内線通話のことを指します。逆に、外線通話とは、組織外の利用者からの電話です。取引先や社外の携帯電話に電話をする場合は外線通話になります。
内線通話は、キャリアの回線を利用しないため、社内の通話であれば、大幅な通話料削減が見込めます。内線番号は、主に3~5ケタの場合が多いです。

PBXで使える内線の種類は

アナログ回線

アナログ回線で利用できる電話機は、多機能電話機です。普通の電話機と想像してもらえればよいでしょう。転送や保留ボタンがあるようなものです。

インターネット回線

インターネット回線で利用できる電話機の1つ目はIP電話機です。こちらは、LANケーブルなどを利用してインターネット経由でつないで利用できる電話機です。システムによっては、スマートフォンや、PCにインストールして利用するようなソフトフォンでも通話ができます。

PBXの内線の最適化にはスマートフォンの活用が大事

社内の内線を利用するとき、電話機を社員1人に1台ずつ用意するのは大変コストがかかりますし、邪魔であるともいえるでしょう。また、営業のような社内にいることが多い社員にとっては全く便利ではありません。そこで、スマートフォンでも内線をとれるようにすることで、社外にいても内線をとることができ、スムーズに電話対応ができるようになるでしょう。
内線化については、こちらの記事でも解説しております。詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

PBXの内線化ならコラボス

内線化のメリットについて、ご理解いただけたでしょうか。コラボスでは、クラウドPBXであるVLOOM(ヴルーム)を販売しております。VLOOMは、スマホでも受発信が可能、内線通話も可能なシステムです。
VLOOMには、受発信だけでなく、通話録音、ACD、IVR、レポート、音声テキスト化などの機能が搭載されております。ぜひご検討ください!

この記事の執筆者

    コラボスブログ編集部

    株式会社コラボスは、2001年に設立。現在、東京・大阪にオフィスを構えており、
    960拠点以上のお客様へクラウドサービスを使ったCTIシステムを提供。
    本ブログ記事サイトでは、様々なニーズを抱えたお客様のお役に立てるような情報を日々発信。
    会社情報について詳しくはこちら

PBX/CTI 関連サービス

顧客情報管理(CRM)関連サービス

データ分析・活用関連サービス

回答支援・自己解決関連サービス

導入のご検討・ご相談は
こちらから

  1. DOWNLOAD
    資料ダウンロード
    導入を検討されている方のために
    PDF資料をご用意しています
  2. MAIL FORM
    問い合わせ・導入のご相談
    お見積もりなど詳しいご相談は
    お問い合わせフォームをご活用ください
  3. TEL
    03-6738-8707
    平日 09:15~18:15
    (年末年始・祝日を除く)