お見積り・お問い合わせ
  1. 電話
  2. お見積り
  3. その他のお問い合わせ

コールセンターに通話録音システムが必須な理由とは?活用方法や選び方を解説

コールセンターではサービスを円滑に進めるために様々なシステムが導入されていますがその中でも特に重要なシステムが、通話内容の録音ツールです。

しかし、一見オペレーター業務に直接効果がなさそうな録音ツールが、なぜ必須として扱われているのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

実はコールセンターの通話録音ツールは、むしろSVや管理者にメリットが大きいシステムなのです。

この記事では、コールセンターの通話録音ツールにどんなメリットがあり、どのように活用されているか具体的にご紹介していきます。

コールセンターの運営に通話録音が必須な理由とは?

コールセンターの運営に通話録音が必須と言われる理由は、主にオペレーターの教育指導面で多大なメリットがあるからに他なりません。

企業においてコールセンターの業務は顧客の満足度を向上させることが求められ、そのためにはオペレーターに十分な教育を施す必要があります。

それぞれの理由について、さらに詳しく見ていきましょう。

オペレーターの教育に活用できる

通話録音ツールの最も重要なポイントはオペレーターの教育にあります。

オペレーターの教育にはそれぞれの電話対応の内容にどのような問題があるかを把握する必要がありますが、対応をしているその場で問題を分析することは簡単ではありません。

顧客との会話内容を音声データとして保存し後で再確認できるようになれば、一人一人の問題点を浮き彫りにして効率的な指導をしやすくなるので、SVや管理者側の負担も軽減できるでしょう。

トラブル対応の品質向上に繋がる

クレーマーに上席対応を求められた時の対応方法や、既存顧客と対応オペレーターがどのような応対を行ったかなど、共有するべき情報は多いものです。

しかし、ただ概要を伝えられても理解しにくいので、実際のやり取りを聞きながら共有する必要があります。

録音した音声データは正にその実例なので、対応の品質向上のために情報共有するなら欠かすことができません。

オペレーターの聞き漏らしのリスクを軽減できる

通話中にオペレーターが相手の言葉を聞き漏らすというのは、コールセンターでは日常茶飯事ともいえるくらい多いヒューマンエラーです。

予防することは非常に難しいですが、通話内容を再確認することができれば、そのリスクは軽減できます。必ず起こり得る問題の効果的な対策は、非常に魅力的なポイントといえるでしょう。

クレーム対策に繋がる

コールセンター業務はクレームとの戦いともいえますが、その対策にも非常に有用です。

実際にクレーム対応の好例と悪例の録音データを使うことで、クレームにはどのように対応するのが正解か、どのような対応はしてはいけないのか、そうした初歩的なガイダンスの内容を、新人オペレーターでも把握しやすくなるでしょう。

また、通話を始める前に通話を録音する旨を伝えることで、顧客は無意識に言葉を選ぶようになる傾向があるため、クレームの発生自体を予防することにもつながります。

コールセンターに導入する録音システムの選び方

コールセンター業務に録音は必須機能ですが、そのための録音システムも無数にあります。

選ぶためのポイントを理解し比較することが、良いシステムを導入するコツです。

必要な機能は搭載されているか

通話録音機能はそれ単体のシステムではなく、他の機能も搭載されているものが少なくありません。

音声ガイダンスによる自動応答機能や、自動で通話内容を分析・集計するパケットキャプチャなどは、その代表とも言えるでしょう。

どのような機能が搭載されているかを確認し、必要な機能が搭載されているものを探して選ぶべきです。

外部システムとの連携は可能か

顧客との通話内容はさまざまな部門で役立つ情報の源なので、外部システムと連携できるかどうかは非常に重要なポイントです。

顧客満足度を考えれば顧客管理システムとの連携も必須となるでしょうし、音声データをもっと確認しやすい形で保存する機能も必要となるでしょう。

そういった時のために、外部システムとも連携可能なものを選ぶ必要があるのです。

導入コストとランニングコスト

当然ですが録音システムの導入と継続利用にはコストがかかります。

配線工事をしないと導入できないものもありますし、サーバー機器を設置する必要があるかも、サービスによって違います。

また保守管理費用などもシステムごとに違うので、コストと性能が見合っているかは、重要なポイントです。

録音ツールは音声認識システムとの併用もおすすめ!

録音システムを使うなら、音声認識システムとの併用は非常におすすめです。

音声認識システムはその名の通り、音声の内容を自動で認識し、テキストとして文字起こしを行うというシステムです。

通話録音システムを導入している多くのコールセンターでは録音システムと併せて導入されています。

以前は音声認識率の低さと、その影響による誤字率が問題でしたが、近年ではAIを活用している音声認識システムも出てきており、認識率も非常に高くなっています。

コールセンターに音声認識システムを導入するメリット

音声認識システムは録音データをテキストにするだけのシステムですが、たったそれだけでも、コールセンター業務を大きく効率化してくれるものです。

導入の具体的なメリットを見ていきましょう。

後処理時間の削減

コールセンターはかかってきた電話に対応して終わりではなく、データベースにその対応履歴を残すまでが、1つの電話対応です。

この後処理に時間を取られがちであり、その時間の削減は多くのコールセンターの課題となっています。

音声認識システムが通話内容をリアルタイムに自動で文字起こししてくれれば、後処理の手間も大きく省けるので、後処理時間も数割単位で短縮できるでしょう。

応対品質の向上

録音データと比べるとテキストは内容の把握にかかる時間が短いので、応対の実例により多く触れることができます。

また情報の共有もしやすく、視覚と聴覚のダブルチェックで内容の聞き漏らしも減るでしょう。

通話録音をより効率的に使えるようになるだけに、そのメリットである応対品質の向上も、録音システムを単体で使うより効果的になります。

コールセンターの通話録音・認識システムならコラボス

コールセンターの通話録音・認識システムを併せて導入するなら、さまざまなクラウド型コールセンターシステムを提供しているコラボスにお任せください。

コラボスでは、通話録音システム「Packet Folder」と音声認識システム「AmiVoice Communication Suite provided by コラボス」をご提供しています。

それぞれの特徴と機能をご紹介しましょう。

Packet Folder

コラボスの提供しているクラウド型録音システムが、Packet Folderです。

パケットキャプチャを採用しており、保留して無音になった後や声が小さくても録音漏れが起こらず正確に録音可能です。

クラウド型なので導入コスト・ランニングコストも安価で導入もしやすいので、手軽に使える通話録音システムをお探しならぜひ弊社までお問い合わせください。

AmiVoice Communication Suite provided by コラボス

弊社クラウドPBXサービス「@nyplace」を導入されている企業で同時に導入する例が増えている音声認識システムです。

世界最高峰の音声認識エンジンを搭載しており、通話内容をリアルタイムで正確にテキストとして「見える化」します。

また搭載されているAIは認識率を上げるだけでなく、客観的で透明性の高く、オペレーター育成に極めて効果的な通話品質自動評価を行います。

ただの文字起こしではなくプラスアルファのある認識システムをお求めなら、ぜひAmiVoice Communication Suite provided by コラボスをご利用ください

PBX/CTI 関連サービス

顧客情報管理(CRM)関連サービス

データ分析・活用関連サービス

回答支援・自己解決関連サービス

導入のご検討・ご相談は
こちらから

  1. DOWNLOAD
    資料ダウンロード
    導入を検討されている方のために
    PDF資料をご用意しています
  2. MAIL FORM
    問い合わせ・導入のご相談
    お見積もりなど詳しいご相談は
    お問い合わせフォームをご活用ください
  3. TEL
    03-6738-8707
    平日 09:15~18:15
    (年末年始・祝日を除く)