顧客努力指標(CES:カスタマーエフォートスコア)とは?測定方法や改善策をご紹介

顧客が課題を解決するために要した労力がどれほどであるかを示す「顧客努力指標(CES)」。

この記事では、CESについて、NPSとの違いや、どのように測定すれば良いのか、そして顧客努力指標(CES)を下げるためにどのような対策を行うべきか、わかりやすくご紹介していきます。

既存顧客の維持や解約率を下げる施策をご検討中の方はぜひ、ご参考にしてください。

 

顧客努力指標(CES)とは?

 

CESとはカスタマーエフォートスコア(CustomerEffortScore)を省略した言葉で、「顧客努力指標」ということを意味します。

顧客努力指標(CES)とは、顧客が自身の課題を解決するため、どれほど労力を要したのかを測る指標です。

顧客が要する努力は少ない方が顧客満足度は高くなります。そのため、この顧客努力指標(CES)を下げることは顧客満足度の上昇に繋がるのです。

CESを計測すると、顧客満足度を上昇させるにあたっての問題点を可視化することができます。

 

NPSとCESの違い

NPSとはネットプロモータースコア(NetPromotorScore)を略した言葉で、日本語では顧客推奨度や、正味推奨者比率と訳されています。

顧客が企業に対してどれほどの愛着を持っているか、信頼しているかということを数値化する指標です。

CESは顧客が課題解決のために要する努力の度合いの指標ですので、混同しやすい言葉ですがNPSとCESはそれぞれ全く異なるものです。

よりシンプルに言い換えるなら、CESは「顧客の努力」、NPSは「顧客の愛着・信頼」を測るための指標といえるでしょう。

CESはなぜ重要?

CESは顧客満足度に直結する指標であるため、顧客維持のためには非常な指標であるといえます。

顧客にとって、何か問題が起こったりわからないことがあった際、多くの努力を必要とするのは好ましいことではありません。

例えば、購入した製品に不具合が生じた場合、カスタマーセンターに問い合わせをしたり、企業のホームページを確認して問題解決を図ります。

その際、対応に不備があったり、問題解決のためのページに辿り着きにくい場合は、顧客に負担がかかり顧客満足度の低下に繋がる恐れがあるのです。

そういった顧客にかかる負担を見える化することが、改善の第一歩となるためCESは重要な要素となります。

CESの測定方法

CESを測定するために一般的な方法は、顧客にアンケートに答えてもらうという方式です。

ストレスや負担を顧客がどの程度感じ取ったのか、通常では7段階程度の選択方式で答えてもらいます。

このようなアンケート方式の他には、顧客から直接ヒアリングを行うという方法や、顧客が製品やサービスを実際に使用している様子を実際に観察するという方法もあります。

いずれの方法でも、顧客が問題を抱えたときに感じる製品やサービスの使いづらさや手間がどの程度のものなのかということを知ることができ、顧客満足度上昇に繋がります。

ここからはCES測定のためのアンケートのポイントや、直接ヒアリングするメリットを見ていきましょう。

アンケート方式

アンケート方式でCESを測定する場合、顧客の感じたストレスや負担感を7段階程度の選択方式で答えていただきます。

「自身の課題を解決するためにどの程度のストレスがあったか?」

「サービスを利用するときにどの程度の負担があったか?」

このように、顧客がサービスや製品を利用したときに感じたストレス・負担感をどの程度感じ取ったのか数値化することで、問題改善へと繋げます。

このアンケート方式がCESを測定する上で一般的な方法です。

ヒアリング方式

アンケート方式の他には顧客からサービスや製品について直接ヒアリングするという方法もあります。

サービスや製品を利用した当事者から直接意見を聞くことができるというのは大きなメリットです。

顧客が企業に問い合わせをした際などの対応の後や、プランをアップデートした後、返品対応の後などに直接ヒアリングを行うことで顧客の負担をダイレクトに知ることができます。

CESが上がってしまう原因

CESが上がってしまう原因として、主に「顧客が行う手順が多い」「企業側が迅速な対応ができていない」といったことが挙げられます。
CESを下げて顧客満足度を上げるためには、顧客にとって何が負担となっているのかをしっかりと知り、対策を取ることが必要となります。

CESが上がってしまう原因について詳しくご紹介しましょう。

顧客が行う手順が多い

顧客がサービスや製品について何か問題を抱えたとき以外にも、そもそもその製品やサービスの使い方がわからなかったり、操作が煩雑でわかりづらいと、課題の解決のために顧客が行う手順が多くなってしまいます。

また、マニュアルなどが確認しにくかったり、問い合わせをする前段階で行う手続きに時間がかかってしまう場合も顧客のストレスや負担が増えることに繋がり、CESが上がる原因となるのです。

迅速な対応ができていない

顧客から企業へ問い合わせがあった際に、企業側の対応が迅速にできていない場合もCESが上がる原因となります。

コールセンターなどに顧客が問い合わせをしたときにオペレータの返答に時間がかかったり、何度も連絡しなくてはならなかったりということがあると、顧客の手を煩わせることになります。

また、社内での連携がうまく取れていない場合にも迅速な対応はしづらくなります。

迅速な対応ができていない場合、顧客の負担やストレスが増えるためCESは上昇するでしょう。

CESを下げる方法

CESを下げる手段として以下の方法が挙げられます。

・簡単な問題は自己解決できるようにする
・気軽に問い合わせられる仕組みを作る

顧客にとっては、わざわざ時間をかけて企業に問い合わせたり、検索したりすること自体が多くの場合面倒で負担に感じます。

その手間を軽減する仕組みを作ることでCESを下げることが可能です。

簡単な問題は自己解決できるようにする

顧客が製品やサービスを利用していて何かわからないことがあった場合、簡単な問題ならば自己解決できるようなシステムがあると良いでしょう。

例えばFAQシステムを導入してよくある質問を網羅したFAQページやチャットボットを設置する方法があります。

このようなシステムを導入し、顧客の持つ簡単な問題を自己解決できるようにすると、結果としてCESが下がることに繋がります。

気軽に問い合わせられる仕組みを作る

顧客が企業に気軽に問い合わせられる仕組みを作ることも重要です。

コールセンター業界では慢性的な人手不足が問題となっており、多くのコールセンターでは繋がりにくさが課題となっています。

繋がりづらいコールセンターは顧客にとって大きなストレスを与えるためCESの低下は避けられません。

このような場合では例えば、問い合わせの際に自動音声(IVR)でガイダンスを流し、サービスや製品の固有番号をプッシュしてもらい、用件ごとに対応した部署に振り分ける(ACD)などを活用し、コールセンターの運営を効率化することが、解決策として挙げられます。

また、何往復もやり取りが必要となる場合には、次の連絡までどのくらいかかるのかを顧客が知ることができる仕組みを作っておくと顧客が待ち時間に抱えるストレスが軽減され、気軽に問い合わせをしやすくなります。

また、メールフォームなどの問い合わせ窓口を用意している場合でも、自分の名前や住所の半角カナ入力や、どの時期にサービスや製品を購入したのかなど、入力が必要な情報が多い場合も改善が必要といえるでしょう。

 

CESの改善にはシステム導入がおすすめ

顧客が問題解決の際にどの程度負担を抱えているのかという指標であるCESは、下げることで顧客満足度に繋がります。

そして、CESを下げることは既存顧客の維持に直結するため、企業の業績にも繋がる重要な要素です。

CESを効率的かつ効果的に改善するためにはシステムの導入をおすすめします。

電話対応であればどの程度の時間を要したか、初回で問題が解決できたかどうかなど、顧客情報を収集するCRM。
着信振り分けや自動音声ガイダンスなど、コールセンターの運営より効率化できるCTI/PBX。

顧客の自己解決を促すFAQツール、チャットボット。

以上のようなシステムを活用することで、CESを低下させることが期待できます。

CES改善に便利なシステムのご紹介

これまで、CESについて紹介してきましたが、株式会社コラボスでは、CESの測定やCESの改善におすすめのコールセンターシステムをご用意しています。

今回はその中でも「CollasQ」「@nyplace」をご紹介します。

おすすめのクラウド型FAQシステム「CollasQ」

コラボスの新サービスである「CollasQ」。

顧客に自己解決を促すFAQシステムは、CES改善に便利です。お問い合わせの内容をクラウドにまとめて保存し、社内で共有できることによって、お問い合わせ対応の効率化にも繋がります。

顧客のCES改善に繋がるだけでなく、コールセンター内の業務効率化や人材の定着化も図れます。

CollasQに関する詳しい情報はこちら

コールセンターの効率化に最適なPBX/CTIシステム「@nyplace」

コラボスの主力サービスである「@nyplace」。

着信振り分け機能(ACD)や音声自動応答機能(IVR)など、コールセンターに必要な機能が全て入ったシステムです。

このような機能を導入することで、顧客がたらい回しにされたり、長い時間待たされたりすることが少なくなり、CESの改善に貢献できるシステムとなっています。

コールセンターシステムについての相談も無料で行っておりますので、ぜひ一度コラボスまでお問い合わせください。

@nyplaceに関する詳しい情報はこちら

PBX/CTI 関連サービス

顧客情報管理(CRM)関連サービス

データ分析・活用関連サービス

回答支援・自己解決関連サービス

導入のご検討・ご相談は
こちらから

  1. DOWNLOAD
    資料ダウンロード
    導入を検討されている方のために
    PDF資料をご用意しています
  2. MAIL FORM
    問い合わせ・導入のご相談
    お見積もりなど詳しいご相談は
    お問い合わせフォームをご活用ください
  3. TEL
    03-6738-8707
    平日 09:15~18:15
    (年末年始・祝日を除く)