お見積り・お問い合わせ
  1. 電話
  2. お見積り
  3. その他のお問い合わせ

ホテルでの導入も進んでいるクラウド型PBXとは?

「電話での問い合わせにも力を入れたいが、様々な業務と並行して受電するため、うまく対応できない……」といった課題を抱えるホテル経営者の方は多いでしょう。

電話のつながりにくさは、顧客満足低下が懸念されるためホテル経営者の方にとっては非常に重要な課題です。

そのため、最近ではホテル・旅館の電話にPBXを導入する旅館・ホテルが増えてきています。

PBXとは、Private Branch eXchangeの略で、内線同士をつなげたり、あるいは外線を管理、制御したりするシステムの総称で、コールセンターではもちろん、旅行、ホテル、レジャー業界でも利用されています。

この記事では、ホテル・旅館におけるPBXの導入について、トレンドとなっているクラウド型PBXを中心に解説していきます。

ホテルでの導入が進んでいるクラウド型PBXとは

PBXとは、正式名称を「構内交換機」という、受け取った電話をそれぞれの担当者につなぐための電話交換システムのことです。

かつてPBXはオンプレミス型という大型の機械を設置することで利用できるタイプのものがほとんどでしたが、最近では機械の設置工事不要のクラウド型PBXを導入する企業・ホテルが増えてきています。

  • オフィスを移転する時に回線の工事が必要になる
  • 社内の電話でしか対応できない
  • 導入費用が高い

など、さまざまなデメリットを抱えていたPBXでしたが、近年登場したクラウド型PBXであればこれらのデメリットをすべて解消できます。

クラウド型PBXは、従来のPBXの機能をクラウド上に持たせた仮想的なPBXのことを指します。

クラウド型PBXを導入することによって、今までの機械を設置せずにPBXの機能を利用することが可能です。

  • 機械設置のためのスペースが不要になる
  • 電話用の回線の工事が不要になる
  • 費用を抑えて導入・運用ができる

などさまざまなメリットがあり、近年急速に普及しているのです。

クラウド型PBXの導入が進んでいる理由

クラウド型PBXは、これまで利用されてきたPBXよりも高機能であることも多く、導入することでさまざまな効果が期待できます。

ここからはホテルにオンプレミス型ではなくクラウド型PBXを導入することのメリットについて、以下で詳しくみていきましょう。

初期費用が安い

オンプレミス型のPBXを導入する際には、まず初期費用として数百万円〜千万円単位の費用がかかります。

さらに、オフィスを移転するたびに回線の工事費と、ランニングコストとして保守管理のための人件費もかかります。

しかし、クラウド型PBXを導入することにより、これらの工事費、保守管理費用がかからなくなります。

クラウド型PBXは、それに対応したインターネットに接続したデバイスに導入することで、それがあたかも社内電話であるかのように機能させることができます。

また、複数の箇所に拠点をホテルの場合、それぞれの拠点ごとに回線を敷く必要があります。

こうなると、物理的な電話を導入する際の初期費用はさらにかさんでしまいます。

初期費用が極めて安く済むというのは、クラウド型PBXが持つ大きな魅力の一つです。

省スペース

クラウド型のPBXは、従来のPBXが持っていた機能をクラウド上での提供に移行したものとなります。

したがって、物理的な環境の構築が不要となり、クラウド上のみで内線の構築、あるいは外線の制御が可能です。

物理的な環境構築が不要になることで、機械設置の必要がなくなり、省スペースであるというメリットが挙げられます。

また、パソコンに対応しているクラウド型PBXサービスであれば、パソコンにも電話の機能を持たせることもできます。

さまざまな電子機器と連携する時にも回線を設置する必要がなくなり、見た目もスッキリすることは間違いありません。

さまざまな機能を選択できる

今まで電話をする時には、誰が取って誰につなぐのかなど細かなルールを定めなければいけませんでした。

しかし、クラウド型PBXではそのようなルールすべてクラウド上のシステムに任せることができます。

例えば、「受付の電話をまず鳴らして、誰も出られない場合に本社の電話を鳴らす」であったり、「電話がなったらまず総務部の電話を鳴らし、もし出ないようであれば〇〇部の電話を次に鳴らす」であったりと、非常に細かなルールを設定することが可能です。

これによって対応遅れや漏れのリスクを減らすことができます。

また、PBXにはIVR(音声自動応答)が搭載されているものがあります。

例えば「ただいま担当者が不在です。〇時以降におかけ直しください。」などといったメッセージをあらかじめ録音しておいて、流すことが可能です。

以上のように、クラウド型PBXでは業務を行うにあたって、備えていると便利な機能を多くカバーしています。ビジネスの効率化が図れることも、クラウド型PBX導入の大きなメリットの一つです。

ホテル業界のコールセンターシステムならコラボス!

今回は、最近ホテルを中心に導入の進むクラウド型PBXについて解説しました。

以前より柔軟な業務が求められる現代において、従来の固定電話の持つ煩わしさを解消してくれるクラウド型PBXサービスは、必要不可欠な存在になりつつあります。

これを機にクラウド型PBXの持つ強みを知り、ぜひ導入することを検討してみてください。

また、

  • 電話がつながりづらく、呼損が多く機会損失が発生している。
  • 過去の問い合わせ内容がわからず、再入電の際に聞き返す等、お客様へ負担をかけている。
  • 質問内容がデータ化されておらず、電話対応が属人化している。

などの課題を感じているホテル経営者の方はぜひ、コラボスのコールセンターシステムをご覧になってください。

 

コラボスの「@nyplace」は国内のコールセンターでもトップクラスのシェアを誇るAVAYA社が提供しているクラウドPBXサービスで、固定電話と比べて低コストで導入可能です。

電話の録音や自動アナウンスによる応答機能はもちろん、電話の要件や、オペレーターの経験年数に合わせて最適と思われるオペレーターに自動でつなぐことができるACD機能や、電話の問い合わせのあった時間や件数をリアルタイムで蓄積する「Call Management System」機能も搭載しています。

情報の管理がスムーズになるというのも、クラウド型PBXの大きな強みの一つです。

@nyplaceはその強みを最大限に発揮した、まさに最先端のクラウド型PBXサービスといえるでしょう。

また、社員の増減や事業規模の拡大に合わせて、契約する回線の数を手軽に調整できるため、柔軟な運用を実現することができます。

 

また、「COLLABOS PHONE」は@nyplaceと比べてさらに安価で導入が可能であるPBXです。

ACDやCall Management Systemといった便利な機能は十分に備えており、遜色なく利用することができます。

また、COLLABOS PHONEに実装されている「コーチング」という機能はオペレーターのみに聞こえる音声を遠隔からリアルタイムで届けるというものです。

コーチング機能があることで、経験が浅いオペレーターも安心して対応することが可能となります。

初期設定も簡単なため、導入に手間がかからないのも大きな魅力でしょう。導入にあたって準備しなくてはならないものは、ソフトフォンをインストールするために必要なパソコン、社内用のインターネット環境、LAN環境のみです。

コールへの応答に必要となるヘッドセットは必要に応じて会社が手配することが可能です。

コールセンターシステムの導入にお悩みのホテル経営者の方はぜひ、コラボスへご相談ください。

PBX/CTI 関連サービス

顧客情報管理(CRM)関連サービス

データ分析・活用関連サービス

回答支援・自己解決関連サービス

導入のご検討・ご相談は
こちらから

  1. DOWNLOAD
    資料ダウンロード
    導入を検討されている方のために
    PDF資料をご用意しています
  2. MAIL FORM
    問い合わせ・導入のご相談
    お見積もりなど詳しいご相談は
    お問い合わせフォームをご活用ください
  3. TEL
    03-5623-3391
    平日 09:15~18:15
    (年末年始・祝日を除く)